就職活動と足切り

近年、就職活動はとても大変な状況となっています。
不景気な時代が続いてしまったために、企業はそれに対応するため人件費を削減しようとしています。
その結果、影響を受けることになるのが就活なのです。
新卒社員として雇う人数そのものを減らす企業が続出しているため、どの企業も少ない採用枠に多くの人間が集まるようになりました。
これによって、特に大学生はなかなか就職先が決まらずに苦労しています。


大学を卒業して会社に入ることがこれまでは当たり前の時代でした。
しかし、現代ではなかなか就職活動に成功することができないため、社会人としての第一歩を踏み出すことができない人が増えているのです。
就職できずに留年を選択する方や、大学を卒業したのに無職になってしまう方はたくさんいます。


就職活動を厳しくしている要素の一つとして、企業は足切りをしているのではないかと話題になることが多いです。
応募してきた人の中から履歴書を見るだけで、一部の人間だけを選別してしまうのです。
たくさんの方が応募してくる場合、すべての人達と面接試験をやるのはとても手間やお金がかかります。
そうするよりも、あらかじめ条件を決めておいて、その条件を満たさない応募者については自動的に落としていく方が合理的だと考えている企業が存在します。
当サイトではこのような就職活動における足切りについて解説します。
足切りとは具体的にどのようなことなのか、どうやって対処すればいいのかを説明します。